キャンプ道具をロースタイルに向けて一新しました。

弊社では趣味が高じてキャンプアドバイザー的な事も行っていますが、そもそも自分達が使っているギアが古くなっていることが課題でした。みなさんsnowpeakやColemanなどの10万円越えをする2ルームテントをバンバン購入するので、自分達のテントがしょぼく見えてしまうという弊害が。

記憶の彼方に消えてしまいましたが、テントの購入から8年近く経っているはず。また、現在のキャンプスタイルもファミリーキャンプ、そしてロースタイルが主流となっているので、テントを含めギアの買い替えを行いました。

テント

d1374a79-49d0-4c22-92e3-364f3d94af39

REI Kingdom 6 Tent
REI Kingdom Garage
REI Kingdom 6 Footprint

テントを選ぶ前提条件として、下記を重視しました。

  1. テント内で直立できる高さ
  2. 定員6人以上
  3. 前室のあるもの(いわゆる2ルームテント)
  4. 他人とカブらないもの(Snowpeak、日本Colemanは除外)
  5. 奇抜な色でないもの(飽きが来るため)

2ルームテントは日本特有で、UKアマゾンやUSアマゾンでは前室のあるタイプで信頼できそうなブランドのテントはほとんど見つかりません。そのため別売りのアタッチメントで良しとしました。前室の密閉性が低いため、アルパカストーブなどの導入で冬季キャンプ場でも問題ないはずです。

テントの高さ、広さについては、雨の日に濡れたウォールに触れる不快感をなくすためにも最低限、宿泊人数+2名くらいの余裕が必要です。今回8人用ではなく6人用テントとした理由は、車載スペースの問題と、区画キャンプ場に収まらない可能性が高かったためです。

椅子

995_shop1_612174

Kermit Chair ネイビー x 3脚

ロースタイルキャンプにシフトするため、カーミットチェアを購入しました。カーミットチェアのコピー品であるColemanのコンバクトフォールディングチェアと迷ったんですが、運悪くAmazonで品切れ。しかたがないので本家を購入しました。カーミットが2万円台、コンパクトチェアが5000円台と値段が4倍近く違うのには気がついていましたが、10年使えば200円/月くらいなので良しとします。

ランタン類

Z-1

295A700_hero

Coleman Premium Powerhouse® Dual Fuel(TM) Lantern
Coleman Lantern Carry Case
Black Diamond Voyager Lantern
Black Diamond Wiz Headlamp – Kids’
Barebones Canyon Lantern

現在所持のガソリンランタンはColeman 226AとColeman 286A。226Aはソロキャンプサイズなので少し暗い。となると286Aひとつでは力不足なのでPowerhouseを購入しました。日本のガソリンランタンはホワイトガソリン専用なので、ハイオクでも使えるようにUS版を選びました。
あとはテント内用に小さなLEDランタンを幾つか購入。今回の目玉はBarebones Canyon Lanternです。このレトロな形の上バッテリー内蔵でUSB出力まで付いているとは!

食器類

msr-flex-4

MSR Flex 4 System Cook Set
MSR Flex Skillet

MSR Dromedary Bag with Fill Handle, 10 Liter (Black)

鍋と食器が一体型になったFlex4を選びました。コッヘル類はすでに沢山あるのですが、ソロキャンプサイズだったり、それぞれブランドが違ったりと収納がかさばるんです。これにすれば4人分の皿とコップが全部揃うじゃん!と購入しました。ただ、スープとコーヒーを同時に飲みたい時はコップ足りなくなりますねコレ。GSIのなら、カップが8個付いているのでそちらでも良いかも。セットにフライパンがついていないので、追加でMSR Flex Skilletを購入しています。

前回のキャンプ場は水場が遠かったため、ウォーターバックも購入です。現在はプラティパスを使っていますが、1リットルタイプなので小さい。ウォータージャグにするかどうかも迷ったのですが、車載スペースの問題から10リットルのMSR Dromedary Bagを選びました。

初めてのキャンプ道具の選び方

f_3234j_2.1
友人が初めてのファミリー用キャンプ道具を揃えるそうです。いいなぁ。キャンプ道具を揃える時の最低限必要なギアをまとめてみました。安物を買うとすぐにいい物が欲しくなるので、最初からいい物を買ったほうがトータルで安上がりになります。気に入ったデザインを買いましょう。

値段を確認しながら買い物するなんて野暮。値札を見ないでカードで買うのがベスト。後悔先に立たずです!未来の自分の頑張りに期待しましょう。

人数:大人2人、子供1人(5歳) 備考:レンタカー(マイカー無し)、収納少なめ 内容:荷物を減らすためハイテーブル・ハイチェアではなく、ローテーブル・座椅子の想定。

必要最低限なもの

  • テント+グランドシート
  • 寝袋
  • マット
  • ローテーブル
  • 座椅子
  • LEDランタン
  • ヘッドライト
  • ガスバーナー
  • 卓上BBQコンロ
  • コッヘル
  • 食器用ネット
  • 100均グッズ

テント+グランドシート

テントは最低4人用が望ましいです。雨降ってジトジトしている中で狭いテント内にいるのは地獄。あと忘れがちなのが高さ。ドーム型は天井低いのが多いので気をつけないと腰をヤラれます。コールマングリーンとスノピグレーはホントに多いのでキャンプサイトで自分のテントが見つけられなくなります。

ちなみに、天井高2mが購入の決め手となった私のSIERRA DESIGNSはブルーシートみたいな色でした。二日酔いの頭で青い天井を見上げていると、キャンプしてるのかホームをレスしてしまったのかわからなくなります。 ※グランドシート(テントと地面の間に敷く防水シート)は別売りの場合が多いので合わせて買いましょう。 ※テント付属のハンマーはおもちゃ以下なので、100均でゴムハンマーを買いましょう。

避けたほうがいい色:コールマングリーン、スノピグレー、ブルーシート色

UNIFLAME Sora ファミリー ¥ 42,800 変わった形。 天井高160cm。

Coleman Red Canyon 8-Person Modified Dome Tent ¥ 25,970 大は小を兼ねる 8人用。 天井高180cm。 超重い。

Coleman Hooligan  ¥ 19,000 4人用。 天井高147cm。 腰にくる。

マット類

銀マット、フォームマット、エアマット等ありますが、テント内全面に敷くマットと寝袋用の個人用の2種類があると快適です。丸めるタイプの銀マットはかさばるのでNGです。前面用は床サイズジャストよりちょい小さめがベスト。私のように、車止めを枕にしてコンビニの駐車場で熟睡できる人以外は、エアマットを買いましょう。

全面用

CAPTAIN STAG EVAフォームマット ダブル140×217cm UB-3001

個人用

Coleman キャンパーインフレーターマット ISUKA コンフィライトマットレス 180 グリーン

寝袋

寝袋は値段と質が比例します。例えばマイナス10℃まで耐えられるものだと、コンパクトになって軽い物だと5万くらいするし、羽毛布団くらいかさばるものだと1万円程度だったりします。 なんでもいいと思いますが、マイナス5℃くらいまでのものを買っておけば秋口でも問題なくキャンプ出来ます。寒いと元気でないですからね。私も使ってるお勧めはISUKAのエア450Xです。 ※1000円くらいの寝袋は寒くなると全く役に立たないのでやめましょう。

ISUKA エア450X ロイヤルブルー [最低使用温度-6度]

ローテーブル

地べた生活の想定なので、ローテーブルと座椅子も必要です。 テーブルはある程度の広さがあったほうがGood。高さ調節ができるものを購入しておけば、ハイチェアを買った時でも対応できます。

Coleman テーブル イージーロール2ステージテーブル/65

座椅子

座椅子があると疲れ具合が全く違うので絶対に買ったほうがいいです。クレイジークリークがお勧め。マット代わりにもなるので、併用するという手もあります。快適とは言いがたいですが・・・安い座椅子はすぐに壊れるのでやめましょう。

クレイジークリーク HEX2.0 オリジナルチェア Coleman コンパクトグランドチェア 

照明

ランタンはもちろんですが、忘れがちなのがヘッドライト。飯作ったり、落としたウインナー拾ってくったり、トイレ行ったりと必ず必要です。安くて品質がいいのがジェントス。よく無くすので高級品を買うと泣きたくなりますよ。僕はもう5、6個なくしてます・・・

GENTOS LEDランタン エクスプローラー プロフェッショナル GENTOS ヘッドウォーズ

ガスバーナー

家庭用ガスが使えるものがお勧めです。SOTOかイワタニ、ノーブランドのものがありますが信頼性で行ったらSOTOでしょう。キャンプ用ボンベのタイプは、ファミリーキャンプ向きではないので今回はパス。

 SOTO G’z G-ストーブSTG-10 イワタニ カセットガス ジュニアバーナー

BBQコンロ+チャコスタ

やっぱりBBQしながら昼間から酒を飲むのがキャンプの醍醐味ですよね。脚付き型から七輪、折りたたみ型など色んな種類を使いましたが、どれもかなり熱くなるので子供には不向き。炭の量がちょうどいいので片付けも楽だし、卓上で使えるタイプが一番です。私が使っているのはコールマンですが、尾上製作所のものの評価がかなり良いので気になります。ついでにチャコスタ(火おこし器)も買っておけば、着火剤なんか使わずにマッチ一本で炭に火が着けられますよ。

Coleman コンロ クールステージテーブルトップグリル 尾上製作所 フォールディングBBQコンロ CAPTAIN STAG 炭焼き名人FD火起し器

コッヘル

家族用にでかいの1個と小皿としてソロ用セット1つでOKです。焦げるし煤がつくし凹むしなので、安いやつを使い倒すのがGood。やかんがあると何かと便利です。

CAPTAIN STAG ラグナステンレスクッカー(家族用) CAPTAIN STAG キャンピングケットルクッカー900ml

食器用ネット

これがないと超不便。安いし必ず買いましょう。

Coleman ハンギングドライネット

100均グッズ

ライト類とシリコン類は100均でも買えます。

  • チャッカマン・マッチ
  • ペグうち用ゴムハンマー
  • シリコン製鍋つかみ
  • 鍋敷き(シリコン・コルク)
  • おもちゃLEDランタン
  • 自転車用LEDライト

おすすめ車載用防災グッズ まとめ

3回にわたってまとめてきました防災グッズ。
最後に、予算別でまとめておきます。100円均一で揃うものも結構あるしね。
道具が揃ったら、僕とキャンプに行きましょう!!

■トータル2,500円!コストを抑えて体力勝負!

—————————————————————————————
寒さは気合で乗り切るぜ!という方はこちら。車中泊なら平気・・・かも。
100円均一の10徳ナイフは、めちゃくちゃ作りが悪いので普通のハサミにしましょう。

バーナー:なし
ヘッドランプ:GENTOS(ジェントス) ジェントスリゲルヘッドライト 1200円
ランタン:100円均一 100円
寝袋:NorthEagle シュラフSD [最低使用温度10度] 800円
100円均一:単3アルカリ電池 100円
100円均一:エマージェンシーブランケット 100円
100円均一:ハサミ 100円
100円均一:バンドエイド 100円
—————————————————————————————

 

■トータル9,280円!まあまあスペック!

—————————————————————————————
まあまあスペック。キャンプもしないし、一応揃えておくか・・・という人向け。
車内なら余裕でしょう。

バーナー:なし
ヘッドランプ:GENTOS(ジェントス) ジェントスリゲルヘッドライト 1200円
ランタン:ブラックダイアモンド社 アポロランタン 5250円
寝袋:キャプテンスタッグ アクティブマミーシュラフ600[最低使用温度5度] 2480円
100円均一:単3アルカリ電池 100円
100円均一:エマージェンシーブランケット 100円
100円均一:ハサミ 100円
100円均一:バンドエイド 100円
—————————————————————————————

 

■トータル26,596円!満足スペック!

—————————————————————————————
キャンプもしたいし、どうせなら揃えちゃおうという人向け。
ガスボンベのバーナーと、マイナス10度までの寝袋。
寒い時にはお湯を沸かして、ペットボトルに入れると湯たんぽになります。
重いので登山には向きませんが、車で向かうキャンプなら余裕でしょう。

バーナー:レギュレーターストーブST-310 6300円
ヘッドランプ:GENTOS(ジェントス) ジェントスリゲルヘッドライト 1200円
ランタン:ブラックダイアモンド社 アポロランタン 5250円
寝袋:モンベル スパイラルホロウバッグ#3[最低使用温度-10度] 6100円
防寒:MRIオールウェザーブランケット 3150円
ツール:ビクトリノックス ソルジャーナイフ 4196円
100円均一:単3アルカリ電池 100円
100円均一:バンドエイド 100円
100円均一:ガスボンベ 100円
—————————————————————————————

おすすめ車載用防災グッズ 生活編

防寒と水分があれば、しばらくは何とかなるのでそこら辺を紹介します。
夏場は熱中症に注意です。塩飴がおすすめです。

MRIオールウェザーブランケット 【持ってない】

あのNASAが開発した(らしい)アルミ膜を使った防寒シート。温度を通さない代わりに水分も全く通さないので、長時間体に巻いてると内側が湿気てきます。寝袋が濡れると防寒性能が極端に落ちるので注意。僕が持ってるのは、一回使いきりのアルミホイルのおばけみたいなやつです。
【メリット】くりかえし使える。
【デメリット】けっこうかさばる。

 

イスカ エア 450X 【持ってる】

めちゃくちゃ軽い寝袋。これはコンパクトになるので値が張りますが、車載用なのでこだわらなければ安いのもあります。選ぶ際のポイントは、サイズと重さ、最低使用温度です。体感温度は人によって違うためなんとも言えませんが、ぬくぬくしたいなら最低使用温度プラス10度くらいは合ったほうがいいです。
僕は、酔っ払って1月の新宿で転がっていても風邪を引かないので、かなり寒さに強いほうだと自負しているのですが、イスカエア450Xで寝る場合、上はフリース、下は起毛のパンツを着て0度くらいが限度じゃないかと思います。それ以下だと寒くて夜中に目が冷めます。
【メリット】寝袋は絶対あったほうがいい。
【デメリット】けっこうかさばる。

 

Platypus(プラティパス) プラティパス 2 【持ってる】

水タンク。かなり上部で破れない。5年くらい使ってるけど、まだまだ使えそうです。見た目が古くなってきたからホントは買い換えたいんだけど、穴が開いてくれません。
【メリット】たたむとかなりコンパクト。
【デメリット】中を乾かしにくい。

 

ファーストエイドキット 【持ってる】

僕が用意してるのは自分でいろいろ追加したものですが、中身はおんなじようなもんです。

目立つ袋に自分で用意すればいらないかも。絶対に入れといたほうがいいものは以下。

  • 消毒薬
  • バンドエイド
  • バファリン(解熱鎮痛)
  • ガーゼ/包帯
  • 大きなバンダナ(三角巾がわり)
  • 十得ナイフ

あんまりひどい怪我だと自分じゃどうにもならないので、こんなもんでいいと思います。

おすすめ車載用防災グッズ バーナー編

お次は、料理に欠かせないバーナー編です。
ガソリン、ガス、自然燃料の3種類があります。
車内に置きっぱなしにすることを考えると、ガスボンベが一番良いかもしれません。
最近の車だと、ガソリンタンクからガソリンを抜けないような構造になってる車種も多いらしいので、ガソリン携行缶を用意しておいたようがよさそうです。

MSR XGK EX™ 【持ってる】【ガソリン】

こいつは、灯油からガソリンまでなんでも使える出来るやつです。
【メリット】高火力。どんな燃料でも使える。エベレストでも使える。
【デメリット】燃焼音がうるさい。びっくりするくらいうるさい。カンカンに熱くなる。

 

レギュレーターストーブST-310 【持ってない】【ガス】

家庭用ボンベが使える、優れもの。手軽に使えて便利。ちなみに僕は、キャンプ用のガスボンベを使うタイプを使ってます。スーパーじゃ絶対売ってないので、おすすめしません。
【メリット】燃焼音が静か。タンク部分は熱くならないので移動しやすい。
【デメリット】雪が降るくらいの寒さだと、タンクが冷えて使い物にならない。

 

Bush Buddy 【持ってない】【枯れ木】

小枝や、まつぼっくりなどを燃料として使えるネイチャーストーブ。ひとつ欲しいなぁとは思ってるんだけど、まだ買えずじまい。似たような商品はいろいろあり、ユニフレームのネイチャーストーブって商品が一番安いかも。
【メリット】燃料いらず。
【デメリット】雨だと、乾いた燃料を探すのが大変。

 

あとはガソリン携行缶でしょうか。車に積みっぱなしなら20Lでもいいのかな。僕は1.5Lの小さい奴を使ってます。